個人の時間を大切にできる部屋のある新築

私は大勢の人が訪れるための部屋のある賑やかな雰囲気の一戸建てよりもプライベートな時間を休日にのんびり過ごせるような一戸建てを望んでいました。そのため、自分の好きな趣味の雑貨などのアイテムを全て置くためのスペースのある一戸建てを建てました。どんな目的の部屋を造りたいかを考えて間取りを決めたいと考えていました。私は個人の時間を大切にしたかったので家族全員が一人の時間を邪魔されずに過ごすための部屋を用意しました。

部屋の数を増やすと広い部屋が少なくなるのですが、家族みんなの個別の部屋を確保できたので満足しました。ただ、リビングだけは狭くしたくなかったです。リビングが狭くなってしまうと家族が集まった時に快適ではないです。家族みんながいっしょに過ごしても十分広いと感じられるようにリビングのスペースの広さを決めることは大事です。自分の趣味のための部屋の内装にこだわったので、仕事が休みの時にはいつも自分専用の部屋でゲームをしたりして楽しんでいます。

マイホーム作りで子供の為に気を付けた事

広島での新築一戸建てマイホーム作りで自分の子供のために気を付けたポイントがいくつかあります。まずは、地震対策ですが耐震等級はもちろんの事、上部から物が落ちてこないような家づくりを心がけました。食器棚などは作り付けにして地震が発生したときには扉が開かないような安全装置も採用しました。照明器具類もダウンライトを採用し上空から照明類が落ちてこないようにしました。地震対策以外では、出来るだけ段差を無くすようにしました。子供が安心して家の中で遊んだり暮らせるように段差が少ないフラットな家づくりをしました。その他には、外構工事で子供が遊べる庭スペースを作りました。夏には子供がプールで遊んだり出来るようにスペースを作ったので外で子供が安心して遊ぶ事が出来ます。次に子供部屋ですが日当たりの良い南側に配置しました。南側であれば太陽の光も部屋にしっかりと射し込むため部屋の中も明るくなります。子供のために色々と工夫した家づくりを実践しました。

身の丈に合わない一戸建ては恐ろしい!?

一戸建て住宅を注文住宅で広島に建てる際に、先輩から「くれぐれも…」と注意されていたことがあります。それが「身の丈に合わない家を建てるな!」ということです。つまりは、「住宅ローンを完済できないほどの豪華な一戸建て住宅を建てないように」ということです。

やっぱり一戸建て住宅は男性にとっても女性にとっても、「憧れる」というものですから、家づくりの際には夢をいっぱいつめてしまうのです。けれども、夢をたくさん詰めすぎたことによって、べらぼうに高い建設費用の一戸建て住宅になったのならば、それはもう諦めた方が良いというものでしょう。

確かに憧れを実現させることは素晴らしいことではあります。けれど、一戸建て住宅だけが人生のすべてではありませんから。ですから、そこに全力投資するのは恐ろしいというものでしょう。もっと言えば「住宅ローンが完済できないこと」は非常に恐ろしい生活になるというものです。

「身の丈に合った家を建てること」は失敗談を聞いていると、骨身にしみてくるのですよね。そのこともあり、私たち家族の場合はわりと潔く金額が無理めだと判断したら諦めていきました。

一戸建てですが、庭に不安があります

私は去年、結婚をきっかけに豊田市にガレージ付きの一軒家を購入することになりました。

形がいびつな土地ということで、駅から徒歩で移動できる距離で土地が見つかり、間取りも4LDKで家を建てることが出来る適度な広さの土地を見つけることが出来ました。

家作りに関しては、満足しているのですが、今後、子どもとの生活というところで不安があります。
今年、子どもが生まれることになり、子どもが居た際に、危ないところは無いかと改めて考え直す機会がありました。

そのときに、家から裏手の庭に出るときに階段があるのですが、その階段には手すりが無く、家の反対側は雨水が流れてる溝があるのです。
大人なら気をつけてその階段を利用できますが、子どもがその階段を一人で使おうとしたときに、誤って溝に落ちてしまって大怪我をしかねません。

家作りの際、家の中の間取りに関しては子どもが生まれたことも考えていましたが、外のことまで気が回らず、これから、子どもの安全を確保できるか不安がよぎります。